口コミで人気の歯科でホワイトニングやインプラント治療|ケアの扉

歯科

検診を受ける重要性

白い歯

特に疾患がない場合でも定期的に、できれば半年に一度は歯科検診を受けます。
歯科衛生士に虫歯チェックなどをしてもらい、磨き残しでたまった歯垢や歯石をきれいに除去してもらって口腔内を清潔に保つことが予防になります。予防検査とケアもおこなう歯科検診の中には歯のクリーニングに加えて、様々な虫歯予防ケアがおこなわれていて、唾液検査をおこない、唾液の量と機能をチェックして、唾液中にいる菌の数なども考慮しながらリスク度を算定することもできます。
また、クリーニングを行った後に、フッ素を塗布してもらうことで、酸に抵抗力のある歯にして、再石灰化を促してくれます。

また、クリーニングを行った後に、フッ素を塗布してもらうことで、酸に抵抗力のある歯にして、再石灰化を促してくれます。自宅でフッ素入りの歯磨き粉を使うことも効果的ですし、小さな子供の場合は3か月に1度、フッ素を塗布してもらうことで、乳歯をきれいに保ち、永久歯の成長にもいい影響を与えます。痛みを伴わない虫歯治療自宅でのケアや定期検診をおこなっていても、虫歯ができてしまったら早期に治療をおこないます。
現在は削らずに治療を行うことができるようになってきていますし、あの嫌な痛みがないまま治療をおこなえるようになってきています。

一度治療をしても、詰め物の下やまわりに再発するのが普通でしたが、現在は菌自体を完全に除菌してしまうシステムも開発されていますし、レーザー治療をおこなうことで、ほとんど痛みがないまま治療が可能になり、特有の黒ずみまでも一緒に除去できるようになっています。歯の役割を再確認する失ってから大切さに気付くものはたくさんありますが、歯もその一つです。
虫歯をはじめ歯の疾患を防ぐ基本は毎日の歯磨きと、定期的な歯医者でのケアです。歯を失うとさまざまなところに支障をきたし、全身疾患も引き起こしかねませんので、将来の健康と生活の質を保つためにも、放置せずに正しいケアと予防をおこなっていくことが大切です。