口コミで人気の歯科でホワイトニングやインプラント治療|ケアの扉

歯科

黄ばみを白く

白い歯

お肌の美白をおこなうように、歯の美白というものもあります。加齢やさまざまな外的要因などから、黄ばんでしまった歯の本来の白さとつややかさを取り戻していきます。
エステティシャンはいませんが、専門医や歯科衛生士が審美歯科の世界では歯を白くするために様々なケアをおこなってくれます。"歯の汚れを除去してすっきり審美歯科で歯を白くする方法の一つは、歯の汚れを取り去ることです。
お肌のケアで毛穴の汚れを洗浄すると、くすみが消え、肌に透明感がうまれるのと同様に、歯のお掃除を行っていきます。

毎日の歯磨きでは取れなかった、汚れや歯垢、歯垢が石灰化した歯石をスケーリングしていきます。
歯の表面の汚れだけであれば、エアフローを使い、水と空気と特殊なクリーニングパウダーを吹き付けて、表面を傷つけることなく、洗浄できます。
タバコのヤニや茶渋などの汚れであれば、エアフローだけでもじゅうぶんです。歯を削らずに白くするエアフローや歯石除去などは歯の表面に効果的ですが、加齢とともに、歯の内部にある象牙質の黄みが増し、透けて見える黄ばみに関しては、ほかの方法を取らざるを得ません。
従来の審美歯科では歯を削り、セラミックを張り付けて歯を白く見せるという、いわゆる歯の整形をおこなっていましたが、健康な歯を削らなくても、もっと安全に歯の内側からスペシャルケアを行う方法がうまれました。
それが歯のホワイトニングです。

特殊な薬剤を使用して、光を当てることで歯を白くすることができ、最も効果的で、治療時間が1本につき30秒程度で、脱毛処理やクイックマッサージ並みの時間できれいにできるのが、レーザーを使用したホワイトニングになります。"きれいな歯をキープする審美歯科の治療はすべてが保険がきくわけではありませんが、お肌同様にケアをおこなうと考えれば、エステに通うのと同じです。
また、美しさだけでなく、歯の健康を維持することができるので、最終的にかかる医療費は安く納まります。きれいにした歯をキープするためにも、毎日の正しい歯磨きと、定期的な歯のエステに通うことが大切です。